検索エンジンガイド

サーチエンジンは一般的に「登録型(ディレクトリ型)」と「ロボット型(自動巡回登録型)」とに分類されます。 しかしあくまで目安とみなしてください。 純粋に分類に該当するサーチエンジンもありますが、現状は「併用」でありサービス自体も複雑多岐に発展している為に曖昧です。 提携で補完関係にある場合もあり例えばYahooJはgooと提携し(Yahoo.comはGoogle)「キーワード」が複数で特殊な場合にはgooと同様の結果を表示します。

検索サイトの提携関係を一覧に

このサイトは日本を含めた世界の主要ポータルサイトが採用している検索エンジンの一覧をまとめたサイトです。検索エンジンの提携関係が一目でわかります。

なぜ検索エンジンの提携関係を理解する必要があるのですか?

検索エンジンの登録や検索エンジン最適化を行う際には、ターゲットとする検索サイトやポータルサイトがどこの検索エンジンのデータを使用しているのかを理解しておかないといけません。

例えば、Yahoo!ジャパン のページ検索で上位表示をしようと思った時。Yahoo!ジャパンはページ検索の検索結果として Google のデータを使用しています。つまり、Yahoo!ジャパンのページ検索で上位に表示させようと思ったら Webサイトを Google に最適化させる(つまり、ロボット型検索エンジンに対するSEO)必要があるのです。

Excite Japan の検索結果で上位表示しようと思った時も同様で、Google Japan に最適化させる必要があります。何故なら Excite も Google Japan の検索結果を利用しているからです。NAVER は Nexearch という独自の検索エンジンを利用していますから、これは個別対応が必要になってきます。

このように、検索/ポータルサイト、検索サイトがどこの検索結果データを利用しているのかをきちんと把握することで、どの検索エンジンに最適化させれば自分のウェブサイトがどこのポータルサイトで上位表示されるのかがわかるようになるのです。






検索エンジンの仕組み

検索エンジンがどのような仕組で働いているのかを紹介します。

検索エンジンとは

検索エンジンはプログラムの一種です。多くの場合は、それを保有しているサイトのサービスを総称して言うようです。

検索エンジンは、一定の周期でクローラーといわれるプログラムで全世界のウェブサイトを巡回し、立ち寄ったウェブサイトの情報を前もって自身のサーバーに保管します。
そして、ユーザーによって検索エンジンが使用された際(検索された際)に、その検索言(キーワード)にマッチした情報をサーバーの中にある情報と照らし合わせます。
この際、検索エンジンは、独自の基準(アルゴリズム)によって表示の順番を決め、結果を表示します。

検索エンジンの種類

検索エンジンには2タイプとそれを複合したタイプの3タイプがあります。

  1. ディレクトリー型検索エンジン
  2. ロボット型検索エンジン
  3. ハイブリット型検索エンジン

ディレクトリー型とは、Yahoo!japanを代表するような手作業によって登録情報を区分した ものと、登録する本人がカテゴリー(ジャンル)を指定して登録したものがあります。

ロボット型とは、Googleを代表するように、その会社が作ったソフトによって、ネット上の情報 を区分したものです。

ロボット型というのは、クローラーと呼ばれるプログラムが定期的にウェブ上を巡回し、登録されたサイトの情報をキャッシュ(保管)してそれらの情報を集め巨大なデーターバンクにしたものを、検索されたキーワードと照ら合わ合わしマッチしたサイトを検索結果として表示します。
これは決して最新の情報ではなく、たとえば1月にとった自分の写真を2月に見ると、今と髪の長さは違うハズ…といった具合に、通常検索結果に最新の情報は反映されないようです。

また、上記の両方の弱点を補ったハイブリット型といシステムをyahoo!japanなどが採用しています。
これは、デレクトリー型と、ロボット型の両方の検索結果をあわせて表示するシステムです。
ただし、Googleにもディレクトリサービスはあり、最近ではそのディレクトリサービスに登録されている見出し文章が、ロボット型で検索した場合に表示されるようです。

検索エンジンは万能ではない

皆さんがお使いの検索エンジンで表示されるHPは、ネット上にある全てのHPが対象になっているわけではありません。
検索サービスを提供しているサイトは沢山あるので、そのうちのどの検索エンジンを使うかで検索結果が違ってきます。
検索エンジンに登録したからといって、全ての人達の検索対象になるわけではなく、 基本的には、自分が登録した検索エンジンを使って検索した人の結果にのみあなたの情報が反映されるわけです。

ただし、最近ではかならずしもそうではなく、ロボット型検索エンジンなら、あなたのサイトへリンクしているページをたどって、あなたのサイトをインデックスします。

検索でヒットする仕組み

ディレクトリー型検索エンジンで検索した場合はもちろん、その検索エンジンに前もって登録されている必要があり、表示される上下の位置に関しては個別のルール(アルゴリズム)があるようです。
ロボット型でヒットする仕組みは以下のとおりです。

  1. 登録をしている
  2. 検索でヒットするサイトからリンクされている
  3. 検索語に対して登録されているHPの内容が合致している

実は1をしていなくても、2をたどってクローラーが巡回して、そのままキャッシュされるようです。
この3つはあくまで基本であり、検索結果で上位にヒットさせる為の要素は別に沢山あります。

それを総称してSEOとよび、いまやウェブサイトを持っている人には欠かせない検索エンジン対策なわけです。

使い慣れた万年筆や手帳のように、手になじむツールとしてお使いいただけるよう、本当に必要な機能だけを絞り込みました。すべての方に無料でお使いいただけ、的確な検索結果を軽快なレスポンスで得ることができます。

基本的な使い方

  • ウェブ検索
    入力されたキーワードに関連性の高いウェブページを検索します。
    ウェブ検索は、ロボット型検索エンジンを使用しており、ロボットまたはスパイダーと呼ばれるプログラムが、自動的にウェブページを巡回し情報収集した情報から、検索を実行します。
  • @nifty内検索
    @niftyのサービス・商品および@niftyサイトのWebページの中から検索します。@niftyの多彩かつ高水準なサービスの中から、あなたのご要望に合った情報を見つけだします。
  • 画像検索
    インターネット上の画像ファイルを検索します。名前しか知らなかった言葉の画像(イメージ)や写真を探したい時などに、大変便利です。
  • 動画検索
    「@niftyビデオ共有」をはじめ、Youtubeやニコニコ動画などで投稿された、インターネット上の動画を検索・再生することができます。
  • ニュース検索
    社会・経済・スポーツ・テクノロジーなど、幅広いジャンルのニュース記事を検索します。ロイターや読売新聞、各種雑誌など、複数の情報ソースからあなたの知りたい「ニュース」を検索できます。
  • ブログ検索
    ブログの中から情報を検索します。@niftyの「ココログ」をはじめ、インターネット上のブログサービスに投稿された記事やブログタイトルの中から、最新の情報を検索することができます
検索サイトデータベース一覧
ディレクトリ型検索サイト 
Yahoo! JAPAN SOFTBANKの子会社。世界で最も有名な検索サイトです。
NTT DIRECTORY「OCN navi」 NTT Communicationsが開設している国内最古の検索サイト。老舗です。
フレッシュアイ 東芝が開いているニュース系検索サイト。
hi-ho 松下電気(Panasonic)のディレクトリ型サーチエンジン。
ISIZE あなたに最適な情報・商品をマッチングし、提供するサイト
iNET Guide テーマ別の他、利用者の意見も積極的に取り入れるコミュニティーサイト(サイバースペース・ジャパン )
NSK Navi ネスクによる検索サービス。ディレクトリ型です。
Web Link お役立情報登録サーチ
MCP web Search オールジャンル検索エンジン。
Net Office Nakai Inc. メールマガジンもやっている検索が可能のリンクサイト。
トクトク 一般Web検索から特殊専門分野の検索が可能。
All About Japan リクルートのディレクトリ型サーチエンジン。雑誌を読むような感覚で楽しむことができる。
WAWOO! キーワード検索の他、カテゴリー検索や地域別検索によって検索が可能です。
J.O.Y. 個人ページ・ナビゲータ。Japanese Open Yellowpageの略です。
THE GUIDEBOOK インターネットのガイドブックです。
G-Search!Community GALA JAPAN Co.,Ltd.が提供するディレクトリ型サーチエンジン。
Active Line Active Search、懸賞・プレゼント情報、CGIプログラム集などがあります。
WebMarky 知りたい情報をお届けする新しい形のサーチエンジン。
DION(Looksmart) DIONのHP。Looksmark検索により様々なページを検索できます。
DO KO DA 探しモノはDOKODAで見つけましょう。新しい情報のみの検索エンジン。
w1j.com 総合サーチエンジン。ホームページ宣伝掲示板や懸賞検索エンジンも設置。
MSNサーチ Microsoftのサーチエンジン。
vivawave シンプルでキュートなサーチエンジンです。
WebGate バナーも登録できるサーチエンジン。ランキングや、メール配信などもあります。
サーチ女史 WAVEが提供する登録型サーチエンジン。
MEDIA NETWORK 登録数はかなり少なめ。いろいろなことにチャレンジしているサイトです。
テレコムサーチ さっぱりとしながらも充実したサーチエンジンです。
Alcarna インターコネクトによる電話に関する情報やリンクなども提供しているサイト。
JAPANWEBディレクトリ 登録数少なめの知名度が抜群に低い検索サイトかも。
Bravo Serch Engine どこがブラボーなのかわかりませんが、広告の多い検索サイトです。
ロボット型検索エンジン
goo ロボット検索で有名な国内有数の検索サイト。NTT―Xが開設するサイトです。gooサークルというグループコミュニケーションソフトも提供しています。
infoseek 機能充実。他のサイトにも引けをとりません。楽天の子会社。
LYCOS Japan 世界的にな検索サイトの1つ。優れた検索機能を持っています。
Excite チャット、ニュース、占いと人気分野をよくとりあげる検索サイトです。
Google日本語 世界的に有名な画像も検索できるサーチエンジン。BIGLOBE、Yahoo!、niftyなどに検索エンジンを提供。
BIGLOBEサーチ NECの検索エンジン。KIDSPLAZA、BIGLOBE地図、BIGLOBEグルメなどもやっています。
InfoNavigator 富士通が開いている用語検索を得意とするサイト。
nifty @search 富士通の子会社であるNIFTY(株)が提供する検索。InfoNavigatorがベースになってます。
Netscape ブラウザを提供している企業が出した検索サイト。
ODiN jpドメインにある多数のWebページが検索可能。
Bio-Crawler 企業のHPを中心にメタサーチをするサーチエンジン。
kensaku.org 世界最強の検索エンジンだったサイト。無責任、無保証、無料で提供されています。

COPYRIGHT(C)検索エンジンガイド All Rights Reserved.

人気結婚式場社長東京のハウスクリーニングセミナーNational Library of LibyaElection glossaryヤフカテ・モバイル相互リンクSEO対策優良リンク婚活